高齢者をしっかりサポートする老人ホーム|便利な訪問介護ソフト

介護

負担なく介護できる機器

女性

介護職で最も多く発生する問題といえば、職員の腰痛に関する問題です。入居する高齢者の方が腰痛に悩まされているのでは、と考える人も多いでしょうが、介護の現場はとにかく体力勝負となるため、腰痛を発症させてしまう人が多くいるのです。老人ホームで高齢者介護を行なう場合、入居者を抱えて移動する機会が多くあります。お風呂に入れる場合などであれば、車いすの高齢者を抱えて浴場まで移動させなければなりません。また、ベッドへ寝かせる場合や、起きた高齢者を食堂まで連れて行く際にも、ベッドと車いすの間を抱えて移動させなければならないのです。高齢者は筋肉量も減っているので、成人よりも体重は軽いものとなりますが、動かない荷物とは違い人一人を抱えることとなるため、体力が必要となります。加えて高齢者は体が弱いため、安全に体を支えるため手間を掛けなければならないのです。もしも職員が腰痛となれば、介助する人数が減るため現場での負担が大きくなります。業務中に腰痛になった場合など、痛みで高齢者を落としてしまう危険性もあります。もしも高齢者に怪我を負わせた場合、家族から莫大な賠償金を支払わせられる可能性があるため、腰痛には注意が必要となります。そのため老人ホームでは最近、介護用の福祉リフトが導入されています。職員が高齢者を手で持ち上げずとも、リフトの利用でベッドから車いすへ簡単に移動させられるので、非常に便利なのです。

老人ホームなどの介護の現場で導入されるリフトは、ベッドの近くで簡単に設置できるコンパクトな機器です。電動モーターによって高齢者を持ち上げ、ゆっくりと静かにベッドや車いすへ乗せることができるので、高齢者にも負担は掛かりません。しかしながら、こうした機器を導入するとなると、高額な費用が必要となるのでは、と多くの人は考えます。ベッド一つ一つにこうした機器を取付けるとなると、介護施設を運営できるだけのお金も失ってしまいます。しかし、この福祉リフトはキャスター付きの機器であるため、使用する際に自由に移動させられます。数台購入しておけば、使いたい時に入居者の部屋で手軽に使えるため、介護負担を大きく削減できるでしょう。