高齢者をしっかりサポートする老人ホーム|便利な訪問介護ソフト

介護

負担なく請求できる

手

介護施設ではなく、自宅で暮らすことを強く希望する高齢者は多くいます。そのため、介護ヘルパーを高齢者が済む自宅へ派遣する訪問介護は需要が高く、介護関連の事業を始めたいとする企業の多くがこの訪問介護サービスを選ぶものです。しかし、訪問介護を行なう多くの会社では、介護保険に関する国保連請求や利用者請求が煩雑となるのが問題となっています。介護ヘルパーは業務が終われば、会社の施設に戻らずそのまま自宅へと帰宅してしまいます。勤怠の状況や利用者に行なったサービス提供の内容の記録を集計できないので、国保連請求や利用者請求に関する業務を効率的に行なえないのです。きちんと会社に帰って記録をさせようにも、記録自体は短時間で終わるものであるため、わざわざ会社に戻ることに多くのヘルパーは不満を持つことになります。こうした問題を解消するために、活用できるのが訪問介護ソフトです。請求業務に必要な記録をスムーズに会社へ送れるので、訪問介護ソフト導入によって業務負担を軽減できます。

訪問介護ソフトは、クラウドシステムを利用して扱えるソフトです。ネットを介してリアルタイムで情報を確認できるので、現地で介護に関する内容の記録もすぐに行なえるでしょう。訪問介護ソフトのシステムはスマートフォンでも利用ができるので、スマホから会社のパソコンへデータを簡単に送信できます。介護ヘルパーが業務終了後簡単にデータを送信できるだけでなく、簡単な操作でデータの記録を行なうことができます。ネット利用によって、国保連請求もネットで送信して行なうことができます。忙しい介護の現場であれば、わざわざ郵便局まで行って請求書を送る必要もないので、業務もスムーズに行なえるようになります。